立体画家/芳賀一洋(はがいちよう)

1948年東京生まれ。1996年より作家活動を開始、以後渋谷パルコ、新宿伊勢丹、銀座伊東屋などでの個展開催や、各種イベントに参加するなど展示活動多数。著作に「しぶ〜い木造機関庫をつくる」(ebookjapan/刊)や、写真集「ICHIYOH」(ラトルズ刊)などがある。

<主な作品>
1997年「昭和初期の真岡駅」(栃木県真岡市)
2001年「トキワ荘」(宮城県石巻市「漫画館」)
2004年「銀座伊東屋」(螳謀豌)
2005年「石の家」(螢侫献謄譽)
2007年「ニコレットの居酒屋」(螢ニオン)
2008年「石ノ森章太郎の机」(蠕仗好廛)
2009年「角海老楼」(市松人形館)
2010年「CARL FROSETH STORE」(米ナンシー・フローセス)
2014年「エドワード・モースの店」(中東アフマド・アルタニ)
2014年「静(しず)の部屋」(蠅佞紂舛犬腓鵑廚蹐世と)
*カッコ内は所有者

<所属>
日本ドールハウス協会・名誉会員
J.I.A.C.(ジャパンインターナショナルアーチストクラブ)会員
渋谷クラフト倶楽部・クラフト教室・講師
株式会社ミクロコスモス・代表

<業務内容>
模型展示物制作
立体造形作品の制作
作品展の開催
作品の販売・貸出し
工作教室の運営



●芳賀一洋(はがいちよう)の駒込工房
●ツイッター
●フェイスブック